介護や医療が必要な方でも安心-サービス付き高齢者向け住宅のご案内

高齢者住宅

在宅介護 やさしい手


やさしい手トップ >  高齢者住宅


事例1 ターミナルケアの方

男性Y様(80歳) 要介護度4

2年前に胃がん治療のため、胃全摘出切除施行。退院後、内科医院にてフォローを受けながら、自宅療養を継続していたが、体調悪化してしまい地元の総合病院に再入院。入院中に経口摂取ができなくなり、右鎖骨下に中心静脈栄養を挿入。医師からは「余命半年」と宣告された。



ご希望

  • 最期は落ち着いて過ごしたいから、病院には入りたくない
  • 自宅での介護が大変になってきた
  • 快適に暮らしてもらいたいから、設備や環境が整っているところがいい

高齢者住宅での介護サービス


  • 介護(身体介護0)

    1. 食事・水分補給
    2. 足浴
    3. 点滴確認入室の際には、安否確認と点滴確認が義務付けられ、機械の正常な作動・点滴の落下状態やチューブの状態を確認しました。異常が認められる場合は看護師に報告し、指示を仰ぎました。
    4. ギャッヂベッド操作と床ずれ予防
    5. 疼痛緩和
    6. 服薬介助や座薬の挿入
    7. 訪問看護(医療保険)・往診・居宅管理指導による医療相談と服薬管理。
  • 医療

    • 膀胱留置カテーテル装着
    • 在宅酸素療法
    • 中心静脈栄養
    • 点滴注射
    • 吸引等の医療処置


ご本人、ご家族の感想

ご本人

「ここは自宅のように気兼ねなく過ごせるので、落ち着けます。」


ご家族

「プロに任せて、本人に負担がかかならない介護をしてもらえるので、安心です。」



高齢者住宅なら医療と介護が連携しているので、終の住処として安心できる生活をお過ごしいただけます。


スタッフより

Y様は常時酸素マスク着用のため、口内が渇き易く、すぐ外したがるため、医師から「口元に濡れたガーゼを浸すように」との指示があり、ヘルパーが対応しました。
腹部や背中の痛みのため、夜もほとんど寝られないY様に対して、ヘルパーが手や背中や足をさすると、少し落ち着き、入眠されることもありました。


Y様の週間スケジュール




ページ先頭へ


メールフォーム 求人へ応募する 資料請求する 問い合わせする